2007年05月02日

自分自身を磨く女性のための国際資格であなたのキャリアを作りましょう。

資格も大人気でこれからは人と違った資格にチャレンジすることもいいかも・・・・
大学の少子化で「全入時代」と叫ばれている中、単なる大学出身だけでは意味がなくなるかも知れませんね。
-------------------------------------------------------------------
CPS(Certified Professional Secretary)は秘書資格のプレMBAです。

CPS(Certified Professional Secretary)は米国に本部を置く世界最大のプロフェッショナル認定団体IAAP(International Association of Administrative Professionals)が広範なビジネス知識を問う試験に合格した者のみに与える国際秘書認定資格です。

アメリカ発のこの資格は全世界に64,000人の認定者を輩出しました。
今世界の6万人に負けず日本人の認定者が増えつつあります。

◆高度の知識と能力が得られる
CPSは、日本の秘書検定と大きく違います。来客接遇や電話応対などの科目はCPS試験にはありません。
CPS試験の科目はマネジメント(経営管理、会計)、アドミニストレーション(ビジネスコミュニケーション、文書作成)、オフィステクノロジー(ソフトウェア、人間工学)で、大変に実務的でこれほどバランスのとれた内容の試験はありません。秘書はボスになり代わって仕事を処理しなければならないわけですから、広範なビジネス知識が必要なわけです。CPS試験の勉強を通じて高いレベルのビジネス知識と能力を得ることができます。

◆次の資格へのステップ
CPS試験の科目は、上述のようにビジネスの基本を網羅しています。
マネジメント、アドミニストレーションの科目は次にMBAを狙うのに役立ちます。
アカウンティングの科目がありますから、次に米国CPA資格を狙うのに役立ちます。
易しく入って、次第に水準を上げて行くのが賢いやり方です。MBA、米国CPAの資格を考えている人にとっても大変役立つコースです。

◆こんな方に薦めます。
    ●外国人ボスを持つ現役秘書のあなた
    ●外資系企業への就職・転職を目指すあなた
    ●世界最高の秘書認定資格を取得したいあなた     
    ●将来MBAを目指すあなた

posted by ゆうき at 10:05 | 海外
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。